体内で腎臓が正常に機能しているかどうかを検査する際に、血液検査を行うと思うのですが、腎臓機能を検査するための項目が「尿素窒素」と「クレアチニン」です。今回は、「クレアチニン」について説明したいと思います。元々、腎臓は血液をろ過する働きをしていて、血液をろ過し、発生した老廃物が体内に蓄積して中毒症状を起こしてしまわないよう濃縮して尿中に排泄したりしています。また、体内の水分量や塩分を調整するような利尿作用も持っていますし、血圧を調節するなど、私達が生きていく上で重要な役割を果たしているのです。しかし、この腎臓の機能が低下してしまうと、血液中のクレアチニンの値が高くなります。筋肉を使う時、クレアチンという物質から放出されるエネルギーを使って筋肉を動かしています。クレアチンという物質は、クレアチンリン酸というエネルギーを貯めた物質で、筋肉の中にこの物質が含まれています。クレアチンリン酸が筋肉を使おうとする時にクレアチンに変化し、エネルギーを放出しきってしまった物がクレアチニンに変化するのです。このクレアチニンも、腎臓から尿を介して体外へ排泄されます。ところが、腎臓機能が低下すると、クレアチニンが体外へ排出されず、腎臓内に留まってしまうので、血液検査を行うとクレアチニンの数値が高くなるわけです。筋肉にとって必要な物質であるクレアチニンは、筋肉の量によって体内に蓄積される量も決まります。従って、男女によって筋肉量に差があるので、クレアチニンの値にも差が出てきます。それに、小児や高齢者など、筋肉量が少ない年代は成人よりも平均値が低く出ますー